ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金 > 長寿医療制度(後期高齢者医療制度) > 制度の概要

ここから本文です

更新日:平成25年4月24日

制度の概要

後期高齢者医療制度の仕組み

平成20年4月からスタートした「後期高齢者医療制度」は、主に75歳以上の人が被保険者となる高齢者のための医療制度です。

この制度は、高齢者の医療費の財源について、5割を公費、4割を若い世代の保険料、残りの1割を被保険者である高齢者の保険料とすることで、それぞれの負担割合を明確なものとしています。

運営主体は、各都道府県の後期高齢者医療広域連合で、町は主に窓口業務を担当します。

対象者

加入手続き

加入するための手続きは特に必要ありません。75歳になると自動的に被保険者となり、後期高齢者医療被保険者証が送付されます。(誕生日前に送付されます。)

65歳以上75歳未満で以下の障がいのある方は町に申請し、認定を受けると後期高齢者医療制度に移行することができます。移行を希望される人は、保健福祉課にお問い合わせください。

医療費の自己負担

後期高齢者医療被保険者証を医療機関の窓口に提示していただくと、自己負担額は原則として1割となります。(一般の方)

現役並み所得者(住民税の課税所得が145万円以上の被保険者と、その同一世帯にいる被保険者)の方は、3割負担となります。ただし、次に該当する場合は保健福祉課窓口へ申請し認定を受けると原則翌日から1割負担となります。

お問い合わせ

保健福祉課 保健福祉グループ

電話:0146-47-2113  FAX:0146-47-2496

E-mail:chouminfukushi@niikappu.jp