ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金 > 国民年金 > 給付

ここから本文です

更新日:平成28年5月6日

給付

老齢基礎年金

対象者

国民年金保険料を収めた期間(保険料免除期間、学生納付特例期間を含む)が、25年以上の人。65歳から受けられます。

年金額

20歳から60歳になるまですべて保険料を収めた場合

満額:年額 780,100円(平成28年度)

保険料未納、免除の期間がある場合は、その期間に応じて減額されます。

手続き先

加入していた年金の状況によって異なります。役場町民生活課または年金事務所でご確認ください。

必要なもの

必要な書類は、受給される人によって異なる場合があります。事前に手続き先にご確認ください。

障害基礎年金

対象者

病気やけがが原因で、障がいの状態(1級または2級)になったときに受ける年金です。初診日前に保険料納付月(免除月を含む)が加入期間の3分の2以上あるか、初診日前の1年間に保険料の滞納がない人が受けられます。

年金額

子の加算

障害基礎年金を受け始めるときに、生計を維持されている子がいるときは、以下の額が加算されます。

特別障害給付金

国民年金に任意加入だった人が、任意加入していなかった期間中の病気やけがで、1級または2級の障がいの状態にある場合は、特別障害給付金が支給されます。対象となるのは、以下の人です。

手続き先

初診日に加入していた状況によって異なります。

障害基礎年金、特別障害給付金を請求される場合は、事前に受給要件や必要な書類を確認する必要がありますので、下記の手続き先にご相談ください。

遺族基礎年金

対象者

国民年金加入中の人または受給資格を満たした人などが亡くなったときに、その人によって生計を維持されていた「子のある妻」または「子」(18歳未満、障がい者は20歳未満)に支給される年金です。死亡日前に保険料納付月(免除月を含む)が、加入期間の3分の2以上あるか、死亡日前の1年間に保険料の滞納がない人、または老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人が受けられます。

年金額

妻が受ける場合

子が受ける場合

手続き先

役場町民生活課

 寡婦年金

対象者

第1号被保険者として、保険料納付期間(免除期間を含む)が25年以上ある夫が年金を受けずに亡くなったとき、10年以上婚姻関係にあった妻に、60歳から65歳になるまでの間支給されます。

年金額

夫が受けられるはずの老齢基礎年金額の4分の3

手続き先

役場町民生活課

死亡一時金

対象者

第1号被保険者として、保険料を3年以上納めた人が年金を受けないで亡くなったとき、生計を同じくしていた遺族に支給されます。

年金額

保険料納付期間によって12万~32万円まで

手続き先

役場町民生活課

付加年金

対象者

第1号被保険者として、付加保険料400円(月額)を上積みして納めた人が老齢基礎年金に加算して受けられます。

年金額

200円×付加保険料を納めた月数

お問い合わせ

町民生活課 町民生活グループ

電話:0146-47-2112  FAX:0146-47-2496

E-mail:jyuminfukusi@niikappu.jp