ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 児童福祉 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

ここから本文です

更新日:令和4年1月20日

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

国の経済対策において、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、様々な困難に直面した方々が速やかに生活・暮らしの支援が受けられるよう、1世帯あたり10万円の現金を給付します。

documents/hikazei10man.pdfPDFファイル(886KB)

 

給付対象者


(1)住民税非課税世帯
令和3年12月10日時点で新冠町に住民票があり、かつ世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯。生活保護世帯も含みます。
※住民税が課税されている方の扶養親族等のみからなる世帯は対象外です。

(2)家計急変世帯
(1)のほか、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月から令和4年9月までの間で収入が減少し、世帯全員が「住民税非課税相当」の収入となった世帯。

 

給付額

 1世帯あたり10万円
(住民税非課税世帯、家計急変世帯問わず、受給は1世帯につき1回限りです)

 

申請方法

(1)住民税非課税世帯
対象となる世帯には新冠町から「確認書」を送付します(1月中旬)ので、記載内容を確認いただき、必要事項を記入のうえ、返送ください。
(注意)返信がない場合は、本給付金の給付ができません。
(注意)住所異動等がある場合は、一部申請が必要な場合があります。
■申請期限:令和4年4月中旬ごろまでの予定

(2)家計急変世帯
申請時点で住民登録のある市町村へ「申請書」の提出が必要となります。
詳しくはお問合せください。
(注意)新型コロナウイルス感染症の影響によらない減収は対象外です。
■申請期限:令和4年9月30日(金)まで

 

給付日・給付方法


 書類の審査完了後、速やかに申請のあった給付金指定口座に振り込みます。

 

その他


・申請に不備などがあると給付が遅れることがございます。
・世帯主以外の口座には振り込みができません。
・配偶者やその他の親族等から暴力を理由に避難している方で、基準日(令和3年12月10日)以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない場合は、所定の手続きをしていただくことで、給付金を受け取ることができる場合があります。詳しくは、お問合せください。

 

詐欺にご注意ください

ご自宅や職場などに町から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作のお願いすることや、支給のための手数料などの振込を求めることは絶対にありません。不審な電話等かかってきた場合はすぐに、新冠町または最寄りの警察にご連絡ください。

 

受付窓口

 ■新冠町役場 町民生活課(役場1階 2番窓口)
 電話 0146ー47ー2112 受付時間:平日 午前8時30分から午後5時15分

 ■内閣府住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター
 フリーダイヤル 0120-526ー145 受付時間:午前9時から午後8時

お問い合わせ

町民生活課 町民生活グループ

電話:0146-47-2112  FAX:0146-47-2496

E-mail:jyuminfukusi@niikappu.jp